2021/08/19
敬称

 前から気になっていたので、こちらのブログでも訴えているかもわからないのですが

「くん」

○○くんという呼び方。
いろいろなところで使用されています。

興味のある方はWikipediaもご参照ください。

なかなか面白いです
敬称 - Wikipedia

国会では「○○くん」を使用されています。
参議院先例禄により「議員は、議場または委員会議室においては互いに敬称として『君』を用いるとなっているそうです。
また、ほかにも、ジャニーズでは先輩はみんな「くん付け」で呼ばれています。
部活となどでも先輩は「くん」で呼ばれるところもありますね。
(強豪校では「さん」のイメージが強いですが)

これらの場合の「くん付け」は周知されていてなんの違和感ももたないのですが

でも、ビジネスで「くん」を使う人。
なんかこれは違うように思います。
目上の方が「くん」で部下を呼んだりします。
でも呼び捨てにする企業などもあるのでそれは仕方ないのかなとも思ったりします。
難しいのが年上の部下に対する場合。
そこは「さん」で呼ぶのが無難かなと思います。
年下の上司に「くん」で呼ばれるのもあまり気持ちがいいものではないと思います。
個人的には「さん」で呼ぶ上司の方がなんとなく頼りたくなってしまいます。

それと最も気になるのが取引先の社員さんなどに「くん」で呼ぶ場合。
聞いていて気持ちがいいものではないなぁと個人的には思います。
新人さんなどで、社会に慣れていない人に親しみをこめての「くん」なのかもわかりませんが
なんとなく上から目線なイメージがあります。


yahooで検索してみました。
以下のような投稿がありました。


「勤務している会社の取引先の担当者が、私のことを「君づけ」で呼びます。たしかに先方が年上、こちらは発注を受ける側なので、目下といえばそうなのですが、同じ会社の後輩というわけでもない私が「君づけ」で呼ばれるのは非礼なことではないのでしょうか。役職でいうと、どちらも特に役職付きではありません。
親愛の表現なのかとも思うのですが、私としてはさほど相手に親しみもおぼえていないので、なんとなくムッとしてしまうのですが、気にし過ぎでしょうか……。」


敬称とはそもそも「敬う」という文字もあるくらいです。
みんなで「さん」に変えませんか?
「くん」が間違った敬称であることに間違いはありませんが、
相手の本心なんてわかりません。
もちろん役職のある場合は別として。
使い分けも面倒くさいので「さん」だけですみますし。

あくまでも個人的な意見です。




 


カテゴリ:スタッフ日記
HOMEお知らせ工事修繕事業取り扱い商品体育会系応援部会社案内RSS